さぶかる旅行記

マンガ、アニメの感想やゲーム攻略などなど。

【ぼくたちは勉強ができない】アニメ第10話感想。5人目のヒロイン、ピクシーメイドあしゅみー登場!!

どうも。

メイド喫茶に通う人間の心境がイマイチよく理解できないDHeです。

ヒロインもようやく出揃ったというわけで早速、ぼくたちは勉強ができない 第10話「かの新天地にて迷える子羊は[X]と邂逅する」の感想を書いていきましょう。

ついに5人目のヒロイン登場!お姉さんでメイドな彼女。勉強は果たして…?

 

 

前回の感想(第9話)はコチラ↓

www.dhe-subculture.com

 

第1話の感想はコチラ↓

www.dhe-subculture.com

 

 

残り数話しかないケド

さてさてアニメの終わりも見えてきたぼく勉ですが、時間軸的には今回の話で夏休みに差し掛かったといった感じ。展開的にまだまだ時間は余っているものの、アニメの残り話数は片手で数えられるほどしか残っていません。この残り時間でキャラの魅力を本当に全て伝えきれるのか…?

まぁうだうだ言いましたが、なんだか余計な心配な気がしてきたのでここまでにしておきましょう。それでは感動へゴー

 

 

舞台は予備校にて

教育係で成果を出した甲斐あってか、予備校に学校負担で通うことができるようになった成幸。夏休みの時間を利用し、勉強に勤しむことにしたのであった。

いや海とか山とか行って青春しないんかい!!とかツッコミたくなる気持ちは大いに理解していますが、成幸さんは勉強ができても恋愛は不器用なのでご察し…(ラブコメとは一体)

そんなガリ勉成幸は予備校で、偶然隣の席となった小美浪あすみと出会います。

 ちいさいなぁ(どこがとは言わんが)

 

成幸の通う一ノ瀬学園のOGである1つ上の先輩。予備校初体験の成幸に様々なアドバイスを働きかけてサポートします。この展開…ようやく成幸側こと勉強を“教える側”にもサポーターが付くんやろなぁ……

あっ…(察し)

 

まあそんなわけはないか。うん。

そんな理化学が苦手な彼女もまた、現学園生徒の緒方と文乃と同じように、苦手分野という逆境ながらも勉学に励んでいました。そして両親が医者であることから自身もその道に進むと決心しています。

にしても成幸さん、見捨てないのはカッコイイし正しい選択なのだろうけど、さすがに自分も勉強しながら4人に勉強教えるのはさすがにキャパオーバーではないのか…?

しかもオマケにあすみさんメイドだし…

あしゅみー先輩誕生!

 

てっきり小悪魔お姉さん系キャラかと思ったらいじられキャラもこなせる。これまた万能なキャラが出てきましたなぁ…成幸さん、より取り見取りっすよ!!

 

 

ここからが本当のスタート

さていよいよヒロインが出揃ったぼく勉ですが、今までの物語は、キャラ同士が真に向き合うための前座に過ぎないといった印象。今後は成幸が“教育係”として表面上のみの接点を持つだけではなく、1人の人間としてそれぞれのヒロインと向き合い、勉強以外で誰とどう過ごすかを定めなければなりません。

個々の会話から様々なフラグは見えていますが、各キャラクターの過去や背景かは見えて5割程度(自己比率)といったところです。

誰ともくっつかない…なんて展開もありえますが、アニメ1クールだけでは正直核となる答えまでは見えては来ないと思います。

まあそれでも1つ確定的に分かってしまうことがあったのですが……

 

 

なんだこのヒロインは!?ルイージの横スマ決めてるヒロインなんざ初めて見たぞ!!?

というかもはやヒロインですらない行為な気が…胸も薄いし

かれこれ6話分くらいこの調子なんですが…本当に大丈夫なんですかねこれ。結構好みのキャラだから心配が尽きない…やべえよアニメ終わるまでこのままなんか?

でも面白くないわけじゃない(むしろ面白い)のでこのままでも後悔はしないかなぁ

なんて。

 

 

まとめ

 

5人目のヒロイン小美浪あすみが加わり、何かと大所帯になってきたぼくたちは勉強ができない。

学園の誇る天才が2人、スポーツ万能の人魚姫にポンコツ元フィギュアスケーター、そして学園OGのメイド…字面だけ見てると一体何の団体なのか分からなくなってきますね…w

これだけ豪華絢爛なメンバーでも選べるのは1人だけ。さあ成幸、誰にする!

 

今回はここまで

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

関連コミックス情報

ぼくたちは勉強ができない 3 (ジャンプコミックスDIGITAL)

ぼくたちは勉強ができない 3 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 
ぼくたちは勉強ができない 4 (ジャンプコミックスDIGITAL)

ぼくたちは勉強ができない 4 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

 

当記事で引用した画像及び文章は ©筒井大志/集英社・ぼくたちは勉強ができない製作委員会 に帰属します。