さぶかる旅行記

マンガ、アニメの感想やゲーム攻略などなど。

【ぼくたちは勉強ができない】第8話感想。訪れる突然の告白!成幸は…?

どうも。

斬新な展開に驚嘆を隠せないDHeです。

今週もぼくたちは勉強ができない 第8話「天才の一挙手一投足は時に[X]を翻弄する」の感想を書いていきましょう。

今回はうるかさんのターン!…なのだが肝心のお相手がついに…?

 

 

 

前回(第7話)の感想はコチラ↓

www.dhe-subculture.com

 

第1話の感想はコチラ↓

www.dhe-subculture.com

 

 

うるかちゃんご無沙汰な気がするので

突然ですが感想に移る前に、今回の話が結構な局面を迎えているので、8話で主役となる武元うるかについて少しおさらいしておきましょう。

 

うるかの現状など

作中唯一の同中卒業生で、なおかつ中学の頃から成幸に好意を抱いています。

7話までの時点で、理珠に成幸の初キスを先に取られてしまったり、誇大されすぎている嘘情報に流されメンタルをズタボロにされたり、かと言って自分自身には告白する勇気が無いという…中々に不憫なヒロインとなってしまっています。裸も見られてるし。

しかしそれでも成幸を諦めてはいない、そんな精神力の太さがうるかの強みでもあります。ちなみに料理もできちゃったり。

詳細はアニメ第2話感想アニメ第6話感想を参考にどうぞ。

 

 

成幸にとってうるかは?

うるかが錯綜に錯綜を重ねて苦労しているものの、成幸にとっては残念ながら同中の友人という関係止まり。さらには前述の通り、成幸はうるかとの関係以上に他のヒロインとの交流のほうが濃いことが事実です。よって7話までの展開を踏まえると、他のヒロインから大きく遅れていると言わざるを得ません。

いうことを前提に訪れた第8話。では感想書いていきましょう。

 

 

片思いの果てに

いつも通りに勉強に励む3人。その中で特にうるかは部活との兼ね合いもあり、3人の中では特に多忙。成幸の前でへたり込んでしまい保健室に連れられます。

成幸はある程度様子を見て、立ち去ろうとした…ところに水泳部部員が駆けつけます。

 

バレたらヤバいヤツ(2回目)

 

これなんかデジャヴだな~って思ったら、第5話の林間学校の時に理珠さんが見事に失敗して生まれたアレですねぇ。大人数の女性という条件だけでこの反応、もはやトラウマ化しているのか…

ただこの行動が幸にも不幸にも、ラブコメという作品の核とも言える部分に触れることになります。

 

/武元先輩、好きな人が!?\

/私知ってますよ!\

/3年の、唯我先輩ですよね!\

 

 

ハァ!!?!?

嘘だろ!?本人聞いてしまったぞ!!?…いやでも時間軸的には3年夏だからそういった展開があってもおかしくはないのか…?

とにかく、他ヒロインよりもモタついてしまい、差もそろそろ埋められなくなってしまうのでは?と思っていた矢先に舞い込んだとんでもない展開。ここから挽回となるのか!?

 

 

見事に返り咲き!しかし…

前の話まで理珠さんとポンコツ先生無双でどうなるかと思ってたけど…良かった!うるかさんひとまずは復帰してくれた!!

外部からとはいえ、さすがに本人の目の前で明かされた事実には成幸も動揺を隠し切れないですし、もしかしたら理珠のキス以上に深いアンカーを刺せているのかもしれません。

そりゃ気になるわな…

 

だがしかし問題となるのは、当人たちが『受験生』であるということ。恋愛に現を抜かしている場合ではないのが真実です。それはうるかも理解していますし、何よりそのせいで成幸に迷惑をかけてしまうことだけは避けたいです。

 

よって今回は進展が先送りとなってしまいましたが、果たしてうるかのこの選択がと出るかと出るのか…学園生活も既に残り半年に差し掛かろうとしています、うるかさん頑張れ!

 

 

今後の情勢

さてぼく勉、第8話までにそれぞれのヒロインがそれぞれのアプローチ(?)を仕掛けておりますが、成幸からしてみれば、異性なんてやはり同程度なのかな~といった感じですね。それぞれのヒロインに一応は成幸が反応を示したという形にはなりましたが、優先順位は未だに“恋愛”ではなく“勉学”が優先といった様子。

ただ今回の話にて、うるかが好意を抱いている相手が誰なのかということに関して成幸が少し興味を示したことを加味すると、恋愛や異性について触れるような展開が徐々に増えたりするのかもしれません。

 

それでも文乃さんが今後出てくるのか怪しいところですが…ウーン…

 

 

まとめ

主人公が自分に好意を抱いている人の名前を聞いてしまう、というまさかの展開を迎えたぼくたちは勉強ができない。低迷気味になりつつあったうるかの恋愛情勢も一転攻勢、一気にトップ競争にまで躍り出ました。

しかしオープニングにはまだあと一人登場していないヒロインがいます。今後もまだまだ波乱は続きそうですね!

また個人的な話ですが、文乃っちも出てもいいのよ!いつまでも寝てなくてもいいんだよ!…っという感じです。ハイ

 

今回はここまで

最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の感想(第9話)はコチラ↓

www.dhe-subculture.com

 

 

関連コミックス情報

ぼくたちは勉強ができない 2 (ジャンプコミックスDIGITAL)

ぼくたちは勉強ができない 2 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 
ぼくたちは勉強ができない 3 (ジャンプコミックスDIGITAL)

ぼくたちは勉強ができない 3 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

 

当記事で引用した画像及び文章は ©筒井大志/集英社・ぼくたちは勉強ができない製作委員会 に帰属します。