さぶかる旅行記

マンガ、アニメの感想やゲーム攻略などなど。

【イジらないで、長瀞さん】第2巻感想。長瀞フレンズ登場!勢い増す”イジり”の嵐!

どうも。DHeです。

前回に引き続き、長瀞さんレビューやっていきましょう。今回もかわいさ全開!そして“長瀞フレンズ”初来襲だぞ!

 

 

イジらないで、長瀞さん(2) (マガジンポケットコミックス)

 

 

 

 

第10話 ほらセンパイ!ツッコミツッコミ!

コミックスをお持ちの方はお分かりかと思いますが、センパイの陰キャラぶりはちょっと問題アリ。

いくら相手が長瀞さんとはいえ、叩かれたり罵声を浴びせられているのに、抵抗どころか言葉一つ言い返しません。だんまりコミュ障にも限度があるモンです。

そんなセンパイに、長瀞さんはある提案をします。

第10話(コミックス2巻)ほらセンパイ!ツッコミツッコミ! より引用

ノリで解決?

 

個人的に結構ハードル高いと思うんですが…陰キャラさんはモゴついた仕草に対してのギャップの部分をまたイジられちゃったりするパターンもありますからね。果たして対人経験値皆無なセンパイに使いこなすことができるのか?

第10話(コミックス2巻)ほらセンパイ!ツッコミツッコミ! より引用

それ以前の問題であった。

 

センパイ、それ犯罪っす。通話越しに胸見るわそんでもって触るわ通報案件っすよこりゃ(嫉妬)。ホント相手が長瀞さんで良かったっすね~…

でも肝心の長瀞さんはえっちぃのはダメなワケで

第10話(コミックス2巻)ほらセンパイ!ツッコミツッコミ! より引用

恐ろしく速い手ブラ、俺でなきゃ見逃しちゃうね。

 

このギャップがまぁ~かわいい!!過去に異性と付き合ってなかったら処女ビッチ確定っすよ、私はそうであってほしい。

にしてもやはり顔赤らめる瞬間が好きですなぁ…

 

 

第11話 センパーイ、こっちこっち~

いつもは部室でぼっち飯のセンパイ。しかし今回は勇気を振り絞り、ぼっち覚悟で食堂へ行きます。(ちなみに筆者はわりとぼっち飯好きでした。)

第11話(コミックス2巻)センパーイ、こっちこっち~  より引用

“長瀞フレンズ”登場!

 

陰キャラからすれば絶体絶命,はたまた人生で幾度かしか無かろう危機

陽の輪に陰が放り込まれることは、もはや拷問と同義です。みなさんも自分が興味のない話をうだうだと語られて困り果ててしまった経験はありませんか?あれに場のノリが積み重なって、雰囲気が当初より盛り上がってしまい、抜けに抜けられなくなってしまった時と同じようなものです。

当然センパイからすれば絶対に避けたい状況、しかし他に空いている席はありません。仕方なく同席します。

第11話(コミックス2巻)センパーイ、こっちこっち~  より引用

ロックオン

 

やっぱそうなっちゃうよね~…いいカモを見つけたかのようなセンパイを舐めきった長瀞フレンズたちのその目、ンーーー素晴らしい…

この後は当然罵倒されまくり。長瀞さんも一緒になってイジりますが、どうしてもフレンズにも譲れないことが一つ。

第11話(コミックス2巻)センパーイ、こっちこっち~  より引用

お触り厳禁

 

このセンパイ、完全に私物化されている。長瀞さんどんだけセンパイ好きなん?羨ましい限りっすわこんなん…

さらには度の過ぎた言葉に対して、怒りを露わにしてセンパイを擁護したりと、もはや行動原理となる感情がペットに対するソレになっています。分かるぞ~その気持ち(わからない)

この溢れ出る独占欲が今後どこまで過激になっていくのか…モウソウハカドル

 

 

センパイに好意を持ったワケ

この巻では長瀞フレンズからいじられるセンパイを長瀞さんが擁護する描写がありますが、作中でのその行為は、自分のポリシーの許容範囲外の行動であるから,というよりもセンパイが深く傷ついてしまわないように取った行動に近く、自分の信念に従っての行動 + センパイへの思いやりが詰まったものだと筆者は感じました。

では一体どこでその好意を抱いたのか?印象深いシーンと言えばやはり…

第1話(コミックス1巻)センパイって、ちょっと・・・  より引用

 

センパイの描いた漫画をまじまじと。薄っぺらい全力じゃないを嫌う長瀞さんはセンパイの創作への取り組みにを込めていたことを、たった1枚の紙から感じ取っていたのでしょう(凄まじき洞察力…)

となると長瀞さんはすでに恋に落ちているのかも?もしそうであれば、人ではなく物、というより成し得た結果,に一目惚れをした…?

これは……

新たな一目惚れの概念が生まれているのかもしれません…

 

 

まとめ

2巻もウザかわいいで埋め尽くされた、イジらないで長瀞さん。

新たに“長瀞フレンズ”も加わり、より一層とセンパイの学園生活も賑やかになっていきます。周りの環境の変化に伴い、今後のセンパイ自身がどう変化していくのか気になってしまう、そんなお話でした!

 

今回はここまで

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

コミックス情報

イジらないで、長瀞さん(2) (マガジンポケットコミックス)

イジらないで、長瀞さん(2) (マガジンポケットコミックス)